マンションが売れるまでに必要な期間はどれくらい?

マンションの売却を考えるとき、売却価格のほかに気になるのが、
マンション売却までの期間でしょう。

マンションを売却するまで、または売却してからのことを考えると、
スケジュールを考えるのには重要なポイントと言えます。

では、実際にマンションを売るまでにはどれぐらいの期間が必要なのか、
それを紹介したいと思います。

マンションが売れるまでの平均期間は?

すべての物件に関して言えることですが、
いつ売れるというのは、売却のプロである業者にすら分かりません。

ですが、統計的な話を言うのであれば、
売りに出されたマンションが売れるまでの平均は「3ヶ月」だそうです。

ちなみに、最短でも数日で売れることはほとんどなく、
早くても手続きその他を考えて1ヶ月は見ておくべきでしょう。

3ヶ月経っても売れない場合は値下げすべき?

マンションが売れるまでの平均期間が「3ヶ月」というと、
ほとんどの人が口を揃えて聞くのが、この疑問です。

しかし、あまりこの「3ヶ月」に固執しないようにしてください。

3ヶ月というのはあくまで目安であり、値下げも何もしなくても、
半年経ってからポンと売れることだってあります。

一概に3ヶ月を過ぎたから、値下げしなくてはいけない、
ということではないのです。

ただ、3ヶ月の間にまったく内覧者や内覧希望者が出てこない、
という話であれば、何らかの問題があるかもしれません。

その場合はやはりなにか対策を考えるべきでしょう。

3ヶ月で仲介業者を変えることも念頭に

マンションを売りに出してから売れるまでの平均が「3ヶ月」。

そして、おそらくほとんどの人が知っているでしょうが、
仲介業者との契約は「3ヶ月」毎に更新することができます。

そのため、3ヶ月経っても売れない場合、
それを悲観するのではなく、ひとつの契機と捉えましょう。

まず平均である3ヶ月が過ぎそうになったら、
売れない理由が何かをよく考えるようにしてください。

大まかに言えば、

  • 設定価格が高い
  • より好条件の物件が売りに出ている
  • 単純に需要がない
  • 仲介業者に力がない

のいずれかが該当するのではないでしょうか。

このうち、上記3つの理由のどれかだった場合は、
売主側の対応でなんとかすることができますが、
最後の理由だった場合にはどうしようもありません。

特に、3ヶ月まったく売れないままなのに、
契約している業者からなんのアクションもない、
という場合はかなり致命的です。

3ヶ月経ってもマンションが売れない人は、必ずこちらのページをチェックして下さい。
早めに対処しないと、売却価格がどんどん下がっていくので、注意が必要です。

3ヶ月経ってもマンションが売れない人がやるべき対策はこちら

査定だけは早めにしておこう

これからマンションを売りに出すという人も、
業者と契約をしたら3ヶ月で必ず売れるというわけではありません。

また、不動産は時間が経てば経つほど、価値がどんどん下がるものです。

そのため、3ヶ月以内にマンションを手放す気がない、
という人でも査定だけは必ず早めにしておいたほうがいいでしょう。

もちろん、査定のみではなく、マンションを売るつもりがあるなら、
早めに業者に相談して売却計画を立てておくのが重要です。

これは、今すでに業者と契約しているが、
次の更新で業者を変えたいという人にも言えることです。

現在売れない状況をしっかりと踏まえて、
次の業者と前もって相談しておくことで、
いざ契約をした際にスムーズに売りにだすことができるでしょう。

業者によって売却できる期間が異なる

平均で3ヶ月で売れるとは言いましたが、
結局のところ、マンションが売れるまでにかかる期間は、
デキる業者と契約できるかどうかにかかっています。

不動産業者自体の方針や、担当者との相性などもありますが、
売却できない問題の対策として重要なのは、
契約する仲介業者との契約形態や、片手仲介と両手仲介の理解です。

その中でも、物件情報の囲い込みをしやすくなる両手仲介での売却は、
早く売却できるはずの物件情報が公表されないケースがあります。

片手仲介のみと公言している「ソニー不動産」などに依頼をすれば、
売り主のことを考え、物件を高く早く売ることに重点をおいているので、
物件情報も率先して公開し、長い期間売れないという心配も少なくなるでしょう。

とはいえ、しっかりと売却活動をしてくれる優良業者もたくさんあります。
一括査定サイトなどで、複数の業者の査定額を比較して、
業者とのやりとりなどから、信頼して売却を依頼できるのかを見極め、
最も高く早く売ってくれる業者を見つけましょう。

マンション売却の一括査定サイト

マンションを高値で売るためには、
良い不動産業者を見つけることが一番重要です。
一社だけではなく、複数の業者を比較してから決めることをおすすめします。

無料で使える一括査定サイトもあるので、
このようなサービスを利用して候補となる業者を選びましょう。

一括査定サイト経由なら、詐欺まがいの悪質な業者に当たることもないので、
安心して査定を依頼することができます。

おうちダイレクト
おうちダイレクト

「おうちダイレクト」は首都圏や関西圏で、
家を売却する人におすすめです。

他の一括査定サイトとは異なり、
独自の販売活動で売主をサポートしてくれます。

Yahooとソニーグループが共同で運営しているので信頼感があり、
たくさんの不動産会社を探すことができます。

提携業者の中には日本で唯一、
売主に有利な片手仲介を行うSRE不動産が含まれます。

対象エリアでマンション売却を検討している人は、
ぜひチェックしておきたいサービスです。

公式サイトはこちら


HOME4U
HOME4U

HOME4Uは、NTTデータの運営するサイトで、
マンション売却一括査定の最大手です。

三井住友トラスト不動産や、東急リバブル。
野村の仲介+、三菱UFJ不動産販売など、
国内大手の不動産業者はほとんどカバー。

地域密着型の中小業者を含め、
約900社の不動産会社が登録されています。

どの一括査定サイトを使うか迷っている方や、
信頼度で選びたいという方には、HOME4Uの一括査定がおすすめです。

公式サイトはこちら


マンション.navi
マンションナビ

その名の通り、分譲マンションの売買に特化した、
特殊な一括査定サイトがマンション.naviです。

業界ではかなりの老舗で成約件数も多く、
信頼度の面ではHOME4Uに並ぶといってもいいでしょう。

一度に査定できる業者数も9社と多く、
できるだけ多くの業者を比較したいときにも便利。

またマンション.naviの場合、売却ではなく「業者の買取」を希望することもできるので、
多少安くてもいいから、とにかく急いで売りたいという人におすすめです。

公式サイトはこちら