親から相続したマンションを売る場合

「マンションを親から相続したものの、自分では住む予定がない。
 残念だけど売るしかないのか?」

昨今、増え続けているマンション売却の理由がこれです。

もともとは自分が住んでいた実家である場合が多いので、
いきなり売ろうという判断にはならなくても、

  • 「もしかしたら賃貸で収入が得られるかも?」
  • 「相続や贈与のことを考えるなら残しておくべき?」

このような疑問も持つ人が多いようです。

確かに、自分が住まない不動産を持っているとなれば、
賃貸で貸し出すというのも選択肢の一つですが、
あえて断言すると、住む予定のないマンションなら、すぐに売るのが賢明です。

その理由を詳しく説明します。

賃貸で貸すより売るほうが得?

今すぐではないが、親から相続したマンションにいずれ住みたいという人や、
相続したマンションが古い物件ではなく、
新築同様のきれいなマンションだった、という人がいるかもしれません。

その場合、マンション売却ではなく、
賃貸にする手はないか、と考える人もいるようですね。

特に、都心部のマンションを相続した人は、
こう考える人も多いのではないでしょうか。

もちろん、賃貸で収入が得られるのであれば良いですが、
そう簡単に事は運ばないかもしれません。

というのも、都心部にはそういったマンションが、
いくつも存在しているからです。

2015年に相続税の課税対象の引き下げがあったのは、ご存知でしょうか。

このとき、現金を不動産化すれば相続税対策になるとして、
マンション購入の気運が高まった時期がありました。

この相続税対策は実際に効果覿面だったわけですが、
これは裏を返せば、そのときに売れた分、
今も都心部の条件の良いマンションが空いているということです。

素人目には借り手がたくさん出てきそうに見えても、
競争相手が有り余っているというわけですね。

迂闊に借り手もつかないマンションを持ち続けていると、
固定資産税などで思いもよらぬ出費を払うことにもなりかねません。

ですから、マンションを相続したはいいが住む予定がない、というのなら、
素直に売却するのが賢明というわけです。

賃貸と売却についてはこちらの記事で詳しく解説しています。
判断で悩んでいる人は、ぜひこちらもチェックしてみて下さい。

マンションを売らずに賃貸で収入を得るのは得か損か?

贈与や相続をする予定があるなら?

「この先、贈与や相続をする予定がある」
というのなら、不動産をそのまま残しておくのも手です。

しかし、その”予定”が1、2年以内ほどの最近でないのなら、
売却したほうが得をすることがほとんどです。

不動産を持っている限り、
多少なりとも管理費や固定資産税が加算されます。

それが直近に迫る贈与や相続にかかる税金よりも、
メリットがあるかないかをよく考えなくてはいけません。

というよりも、贈与や相続をする予定があるなら、
いっそ、それを今すぐに行なうべきです。

使う予定のない不動産を持ち続けるのは、
それだけでデメリットになることを覚えておきましょう。

時間が経つと売れなくなる可能性がある

相続したマンションを売ったほうがいいという理由の中で、
最も重要なのがこれです。

マンションに限らず、不動産はすべて、
基本的に時間が経てば経つほど価値が低くなるものです。

また、こと売却という点に限っていえばさらに条件は悪く、
時間が経ったばかりにいつまでも売れない物件、
という不良債権を抱えることにもなりかねません。

もちろん、1年以内に確実に値上がりする地域のマンション、
というなら話は別ですが、そこまではっきり分かる物件はまずないでしょう。

マンションを売却するなら、
一日でも早く売ったほうが高く売れるのは常識です。

そして、もし都心部のマンションを売却するなら、
SRE不動産がおすすめです。

東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫のみと限定されていますが、
該当するエリアのマンションを売却する際はかなりおすすめです。

不動産業界初の、片手仲介のみ「エージェント制度」を導入し、
売り主が有利になるよう、高く早くをモットーに売却活動を進めてくれます。

SRE不動産を含む業者の一括査定は「おうちダイレクト」で行えます。

他のサイトではSRE不動産の比較はできないので、
首都圏に住んでいる人は利用してみてください。

おうちダイレクトの公式サイトを見てみる

1都4県に該当しない地域の方は、
かならず一括査定サイトを利用して、
どの業者に売却を依頼するか決めましょう。

ちなみに、答えが分かりきっているため、あえて言及しませんでしたが、
「親から相続したマンションが地方のものだった」
という場合は直ちに売却するのをおすすめします。

そして、売却の際は、都心部の物件以上に、
一括査定サイトでの査定を心がけてください。

地方物件の取引は、
不動産業者による得意、不得意の差が最も大きく出る事例です。

下手に目に留まった業者と契約すると、知らずに損をしてしまうかもしれません。

できるだけ多くの査定をしてもらい、
高く売ってくれる業者と契約しましょう。

マンション売却の一括査定サイト

マンションを高値で売るためには、
良い不動産業者を見つけることが一番重要です。
一社だけではなく、複数の業者を比較してから決めることをおすすめします。

無料で使える一括査定サイトもあるので、
このようなサービスを利用して候補となる業者を選びましょう。

一括査定サイト経由なら、詐欺まがいの悪質な業者に当たることもないので、
安心して査定を依頼することができます。

おうちダイレクト
おうちダイレクト

「おうちダイレクト」は首都圏や関西圏で、
家を売却する人におすすめです。

他の一括査定サイトとは異なり、
独自の販売活動で売主をサポートしてくれます。

Yahooとソニーグループが共同で運営しているので信頼感があり、
たくさんの不動産会社を探すことができます。

提携業者の中には日本で唯一、
売主に有利な片手仲介を行うSRE不動産が含まれます。

対象エリアでマンション売却を検討している人は、
ぜひチェックしておきたいサービスです。

公式サイトはこちら


HOME4U
HOME4U

HOME4Uは、NTTデータの運営するサイトで、
マンション売却一括査定の最大手です。

三井住友トラスト不動産や、東急リバブル。
野村の仲介+、三菱UFJ不動産販売など、
国内大手の不動産業者はほとんどカバー。

地域密着型の中小業者を含め、
約900社の不動産会社が登録されています。

どの一括査定サイトを使うか迷っている方や、
信頼度で選びたいという方には、HOME4Uの一括査定がおすすめです。

公式サイトはこちら


マンション.navi
マンションナビ

その名の通り、分譲マンションの売買に特化した、
特殊な一括査定サイトがマンション.naviです。

業界ではかなりの老舗で成約件数も多く、
信頼度の面ではHOME4Uに並ぶといってもいいでしょう。

一度に査定できる業者数も9社と多く、
できるだけ多くの業者を比較したいときにも便利。

またマンション.naviの場合、売却ではなく「業者の買取」を希望することもできるので、
多少安くてもいいから、とにかく急いで売りたいという人におすすめです。

公式サイトはこちら