マンションの売値の決め方はどうすればいいのか?

売値設定は強気で行くべきなのか?
私も売値をつける時はとても悩みました。

不動産業者が一応目安の値段をつけてくれますが、
「もう少し高く売れるのではないか」
という疑問も正直ありました。

個人的には、値段設定は強気で行かなければ、
損をすることになると思います。

高値をつけることは悪いこと?

売値設定で高値をつけることは、決して悪いことではありません。
むしろ、高値をつけて売れた時の利益は大きくなります。

高値で売れた方が住み替えが楽になると思いますし、
できるだけ高値で売りましょう。

売値設定をするとき、最初は相場よりも、
少し高めの値段をつけておくことをおすすめします。

そして、売れなかったときに、
ここまで妥協できるという金額も決めておいた方が良いです。

ただし、「相場よりちょっと高め」というのがキーポイントで、
強気になりすぎてもいけません。

高値をつけすぎて売れなかった場合、
ズルズルと値下げを繰り返すリスクが高くなります。
値下げを繰り返すことは、気持ち的に喜ばしいことではないでしょう。

また、値下げを繰り返すと足元を見られる可能性が高いです。

「どうせまた下がるだろう」と思われてしまうと、
なかなか買ってもらうことはできません。

高い値段を設定したときは、辛抱強く待つというのも戦略のひとつです。

あらかじめ値下げの回数と、
次に値下げをする額も決めておいた方が良いです。

2~3回の値下げをして、だめならあきらめるのも高く売るコツです。

マンションが売れるまでは少し時間がかかってしまいますが、
あきらめた方が得をすることがあります。

そのために窓口を広げておくと、1回の値下げで済む場合があるので、
1社だけでなく、数社でマンションを売っていった方が良いということになります。

もし、数社でもダメな場合は、もう一度査定してみることをおすすめします。

別の窓口なら案外簡単に売れる可能性もありますので、
マンションを売ること自体はあきらめないでください。

マンション売却の一括査定サイト

マンションを高値で売るためには、
良い不動産業者を見つけることが一番重要です。
一社だけではなく、複数の業者を比較してから決めることをおすすめします。

無料で使える一括査定サイトもあるので、
このようなサービスを利用して候補となる業者を選びましょう。

一括査定サイト経由なら、詐欺まがいの悪質な業者に当たることもないので、
安心して査定を依頼することができます。

おうちダイレクト
おうちダイレクト

「おうちダイレクト」は首都圏や関西圏で、
家を売却する人におすすめです。

他の一括査定サイトとは異なり、
独自の販売活動で売主をサポートしてくれます。

Yahooとソニーグループが共同で運営しているので信頼感があり、
たくさんの不動産会社を探すことができます。

提携業者の中には日本で唯一、
売主に有利な片手仲介を行うSRE不動産が含まれます。

対象エリアでマンション売却を検討している人は、
ぜひチェックしておきたいサービスです。

公式サイトはこちら


HOME4U
HOME4U

HOME4Uは、NTTデータの運営するサイトで、
マンション売却一括査定の最大手です。

三井住友トラスト不動産や、東急リバブル。
野村の仲介+、三菱UFJ不動産販売など、
国内大手の不動産業者はほとんどカバー。

地域密着型の中小業者を含め、
約900社の不動産会社が登録されています。

どの一括査定サイトを使うか迷っている方や、
信頼度で選びたいという方には、HOME4Uの一括査定がおすすめです。

公式サイトはこちら


マンション.navi
マンションナビ

その名の通り、分譲マンションの売買に特化した、
特殊な一括査定サイトがマンション.naviです。

業界ではかなりの老舗で成約件数も多く、
信頼度の面ではHOME4Uに並ぶといってもいいでしょう。

一度に査定できる業者数も9社と多く、
できるだけ多くの業者を比較したいときにも便利。

またマンション.naviの場合、売却ではなく「業者の買取」を希望することもできるので、
多少安くてもいいから、とにかく急いで売りたいという人におすすめです。

公式サイトはこちら