東京(港区)のマンション価格相場と不動産売買を扱う業者一覧

港区のマンション価格相場と不動産売買を扱う業者の特徴をまとめています。港区でマンション売却を検討している人はぜひチェックしてください。

マンションの売却価格相場が高い地域は麻布や六本木で、平均的な地域は芝公園や南青山あたりです。売却価格が比較的安い地域は、元赤坂や麻布台あたりになります。

不動産業者は大手の不動産業者3社と地元の不動産業者2社をピックアップしています。どの業者も人気なので、港区でマンション売却を検討している人はぜひチェックしてください。

港区のマンション価格相場と不動産業者一覧
  1. マンションの売却価格相場
    1. 港区の中古マンション平均価格
  2. 港区でおすすめの不動産業者
    1. ソニー不動産
    2. 住友不動産販売
    3. 三菱UFJ不動産販売
    4. 青山リアルホーム
    5. 麻布グリップ
  3. まとめ

マンションの売却価格相場

港区のマンション価格相場はどのぐらいなのでしょうか。港区といっても地域性があるので、比較的安いエリアもあれば高いエリアもあります。

エリアによってどの程度の価格差があるのか、比較していきます。

港区の中古マンション平均価格

港区の中古マンションの売却価格を知る上で、1つの目安になるのが現在の流通価格です。2017年12月現在の港区の中古マンション価格や特徴を見ていきましょう。

港区の中古マンションの平均価格は5,700万円です。1㎡あたりの価格は110万円、坪単価に直すと360万円がだいたいの目安になります。

中古マンション物件の特徴としては築年数が約17年、駅からは徒歩で約6分、専有面積は約48㎡(14坪)という物件が多いようです。

エリアでの価格の違い

続いてエリアでの価格の違いを見ていきます。まず、比較的物件の価格が安いエリアは下記の通りです。分かりやすいように坪単価で見ていくことにします。

  • 元赤坂(236万円)
  • 麻布台(278万円)
  • 芝大門(285万円)
  • 西新橋(298万円)

次に中間的な価格帯のエリアです。こちらも同じように坪単価で見ていきます。

  • 芝公園(324万円)
  • 芝(332万円)
  • 港南(332万円)
  • 南青山(355万円)

最後に物件価格が比較的高価なエリアです。

  • 白金台(402万円)
  • 虎ノ門(460万円)
  • 六本木(467万円)
  • 元麻布(553万円)

※参考サイト:https://utinokati.com/

このように同じ港区内でも中古マンションの流通価格には開きがあるので、売却価格にも差が出てきます。マンションを少しでも高く売るには、複数の業者に査定を依頼して比較することです。

次に、港区でおすすめの不動産業者の特徴をまとめています。どの業者が自分のマンション売却に向いているかチェックして、査定依頼する業者の候補をいくつか選んでみてください。

港区でおすすめの不動産業者

港区という地域性の中で不動産取引に強い業者としては、どのような不動産業者があるのでしょうか。そこでここでは、港区に存在するおすすめの不動産業者を、大手不動産業者3社と地元不動産業者2社、合わせて5社挙げてみました。

それぞれ不動産取引上の強みや特徴にはどのようなことがあるのかなど、興味のありそうな情報を集めてみましたので、参考にしてください。

まず大手不動産業者3社ですが以下の通りです。

  • ソニー不動産株式会社
  • 住友不動産販売株式会社
  • 三菱UFJ不動産販売株式会社

続いて地元不動産業者2社は以下の通りです。

  • 青山リアルホーム株式会社
  • 麻布グリップ株式会社

以上の5社について、企業情報や不動産取引の特徴などについて説明をしていきます。

ソニー不動産株式会社

 

ソニー不動産株式会社(以下、ソニー不動産という)の本社は東京都中央区にあります。ソニー不動産はソニーグループの不動産業者で2014年4月に創設された、ソニー株式会社(以下、ソニーという)の子会社です。

まだ若い会社ですが企業活動は活発で、2014年8月からは一般消費者の不動産売買仲介と管理サービスを開始しています。

さらに2015年11月からはYAHOO JAPAN(以下、YAHOOという)と共同で、マンション売却希望者と購入希望者を効率よく引き合わせることを目的とした「おうちダイレクト」、というサービスの展開を始めています。

不動産業者は売却依頼を受けて、売り主と媒介契約を締結すると「レインズ(不動産流通情報システム)」に情報を上げなくてはならない、という規則があります。しかしレインズを閲覧できるのは、基本的には宅建業の資格を持った不動産業者に限られます。

しかしおうちダイレクトにはそのような制約や制限はなく、売却希望者が登録をすると物件を探している人は誰でも自由に閲覧できるようになっているので、ソニー不動産とYAHOOが作り出した、不動産売買の新しい情報提供サービスの形だといえます。まさに民間のレインズという感じです。

このようなシステムを持っているソニー不動産は、ある意味では新しい形態の不動産業者であり、透明性のある取引を謳っていますから、売却希望者は安心してマンション売却を依頼することができます。

ちなみに2015年1月からは事業領域を広げていて、これまでの不動産売却・購入の仲介、賃貸物件の仲介と管理に加えて建築業許可を取得、住宅リフォームの分野にも進出をしています。

会社概要

会社名 ソニー不動産株式会社
所在地 東京都中央区銀座7-2-22 銀座DOWAビル4F
電話番号 0120-231-919
対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉の1都3県に強い
WEBサイト https://sony-fudosan.com/

特徴

ソニー不動産の不動産取引の仲介業務で一番の特徴といえば、囲い込みをやらないことです。

不動産業界における悪習のひとつに「囲い込み」があります。囲い込みとは文字通り売り主を囲い込んでしまい、外部との接触をさせない行為です。

どのような方法で囲い込みをするのかというと、売却希望の仲介依頼主と媒介契約を締結して、レインズに売り物件情報を上げるのですが、他の不動産業者から購入希望の問い合わせがあっても「商談中」などといって断ります。

本当に商談中のこともあるでしょうが囲い込みをやっている場合、多くのケースにおいては単なる言い訳です。なぜそのような言い訳をするのかというと、自社で購入希望者を見つけると仲介料を売り主と買主の両方からもらえるからです。これを両手仲介といいます。

これに対して売り仲介、あるいは買い仲介のどちらか片方だけを仲介するケースを、片手仲介といいます。売り仲介だけのケースだと、他社からの問い合わせに対して素早く対応してくれますが、両手仲介の場合になると、自社に条件に合う購入希望者がいない場合は現れるまで待つしかありません。

このため売買契約が成立するまで時間がかかってしまい、物件の鮮度が落ちてしまうので値下げに追い込まれるようなケースも出てきます。こうなると、売り主にとっては時間とお金、その両方を大きく損じる結果になります。そのため、両手仲介は不動産業界の悪習だといわれています。

しかしソニー不動産の場合、両手仲介ができないように、売却専門と購入専門のエージェント制度を導入しています。

「売却チーム」は売却依頼の売り主だけの利益を最優先しますから、システム上両手仲介が入り込む余地はありません。このためより高額で、しかも早期成約を実現しています。

これがソニー不動産の大きな特徴です。

住友不動産販売株式会社

住友不動産販売株式会社(以下、住友不動産販売という)は、1975年に創立された住友不動産グループの中の1社で、東京都新宿区西新宿に本社があります。業歴は42年と長く、信頼度の高い不動産業者です。

住友不動産販売は、首都圏及び関西圏を中心にして、全国で264ヶ所の直営仲介店舗を運営しています。同社の基幹業務としては、不動産の売買及び賃貸の仲介業務、不動産売買の受託業務、不動産の賃貸業務になっています。ちなみに直営仲介店舗数264という数字は、業界第1位です。

住友不動産では顧客目線を大切にしているため、顧客便利度を上げるために直営仲介店舗の移転や新設を盛んに行って、常に顧客の便利度アップに努めています。

また地域に根差した活動も盛んに行っていて、「わんぱく相撲全国大会」に協賛をしたり、日本介助犬協会に自社が主催しているステップコンサート会場で受け付けた募金の寄付をするなどの活動を実施しています。

住友不動産販売の直営仲介件数は、単一企業での売買仲介取り扱い件数としては業界NO1の実績を持っています。これも顧客便利度アップの活動と、直営仲介店舗数が業界第1位という事実に裏付けられています。

会社概要

会社名 住友不動産販売株式会社
本社所在地 東京都新宿区西新宿2-4-1新宿NSビル
電話番号 03-3346-1021
対応エリア 首都圏及び関西圏を中心に全国
WEBサイト https://www.stepon.co.jp/

特徴

住友不動産販売の持っている不動産取引上の大きな特徴としては、売却物件に対して「売却保証サービス」を実施していることが挙げられます。

売却保証サービスという制度の内容ですが、売り物件の媒介契約を住友不動産販売と締結すると、もし一定期間内に売却契約が成約にならなかった場合には、住友不動産販売もしくはその子会社があらかじめ売り主と取り決めをしておいた金額で買い取ってくれるというシステムです。

住み替え目的で売却を依頼した場合、もし売れなかったら住み替え用の住宅やマンションが手に入らないという心配がなくなりますから、安心して住み替え用物件の購入交渉ができます。

このサービスを受けるためには審査が必要ですが、申し込んでから2週間前後で結果が出るので長引く心配はありません。

対象物件は以下の通りです。

  • 営業可能エリア内にある自己所有で住居用の不動産物件であること
  • 新耐震基準に合致していて専有面積が40㎡以上で自主管理ではないこと
  • 建築基準法に適合していて一般的な住宅ローンの利用ができる物件であること

以上のような条件に合致している必要があります。

また専任専属媒介契約締結から3ヶ月を経過しても売買が成立しなかった場合に、住友不動産販売もしくはその子会社が買取をしてくれます。買取保証額は1億円以下であり、住友不動産販売が付けた査定額の90%以内の金額になります

参考までに価格変更のスケジュールを出してみます。分かりやすくするために不動産販売の査定額が3,000万円の物件という条件で、価格変更の推移を説明していきます。

この場合、買取保証価格の設定は査定価格の90%を上限とする2,700万円になります。これに基づいて販売計画を設定していきます。

1ヶ月目は査定価格の115%を上限とする3,450万円の価格で販売活動をします。2ヶ月目は査定価格の105%を上限とする3,150万円で販売活動、3ヶ月目になると販売保障価格の105%を上限とした2,835万円で販売活動をします。

それ以降になっても売買が成立しなかった場合は、販売保証価格の2,700万円で住友不動産販売もしくはその子会社が買い取ってくれます。

このような特徴があると売却希望者は安心して仲介を頼めますから、売り物件数が増えるので購入希望者にとっても嬉しい特徴になっています。

三菱UFJ不動産販売株式会社

三菱UFJ不動産販売株式会社(以下、三菱UFJ不動産販売という)は、東京都千代田区神田に本社を置く三菱UFJフィナンシャルグループの不動産業者です。

2001年10月に三菱信住宅販売株式会社と日信住宅販売株式会社が経営統合。日信住宅販売株式会社を存続会社として社名変更をして、三菱信不動産販売株式会社になりました。

さらに2005年10月に三菱UFJフィナンシャルグループが発足した結果、三菱信不動産販売株式会社とFUJ住宅販売株式会社が経営統合。三菱信不動産販売株式会社を存続会社として、現在の三菱UFJ不動産販売株式会社になっています。

同社の基幹事業は不動産売買、交換の媒介や代理、及びこれに付帯、関連する業務。それに不動産を主たる信託財産とする信託受益権売買の仲介となっています。

営業エリアとしては特に首都圏に強みがあって、首都圏には22のセンター、5法人営業室、本社営業部、東京法人業務部、営業開発部があります。

このため人気エリアや沿線の物件情報を数多く持っています。

会社概要

会社名 三菱UFJ不動産販売株式会社
本社所在地 東京都千代田区神田神保町2-1 岩波神保町ビル
電話番号 03-3237-4500
対応エリア 首都圏及び名古屋圏・関西圏
WEBサイト https://www.sumai1.com/

特徴

三菱UFJ不動産販売の特徴は、「住まい1」という不動産情報サイトを独自に持っていることです。「住まい1」は三菱UFJ不動産販売が持っている戸建、土地、中古マンションなどの不動産物件情報の全てを検索できるサイトになっています。

「住まい1」で検索できる物件情報の内容は、エリア・沿線などのこだわりを条件に入れて組み合わせることは当然として、月々の返済額などを指定してキーワードを自由に入力するような検索をすることも可能です。

さらに気になった物件をお気に入りに登録、利用した検索条件を保存、新着メールの通知機能などもあって、継続的にサイトを利用して物件を探すことができる便利なサイトです。

また住みたい街特集というコーナーがあって、首都圏だと東急線、小田急線、京王線、中央線など人気に沿線の特集が組まれています。各駅の利便性や駅周辺の施設の紹介が掲載されています。

さらに年中行事や行政のサービスなども紹介されていますから、現地に行かなくても詳細な情報を取得することが可能になっています。このため物件ニーズの定まっていない人が、情報からニーズを確定できるということが可能です。

ある意味では宅建業の資格を持った不動産業者しか閲覧できないレインズ(不動産流通情報システム)よりもきめ細かい、ユーザーの望んでいる情報を取得できるサイトだといえます。

三菱UFJ不動産販売の大きな特徴は、この「住まい1」というサイトを展開していることだといえます。どんな業種でも同じなのですが、ユーザーが望んでいる、生きた、そして新鮮な情報を提供できることが、大きな強みだといえます。

青山リアルホーム株式会社

青山リアルホーム株式会社(以下、青山リアルホームという)は、東京都港区南青山に存在する地元の不動産業者です。

創業が平成25年1月というまだ若い会社で、スタッフ全員が若々しいことがあって、独特の若い感性で事業を推進しています。

企業としての基幹事業は不動産の売買、賃貸、仲介、鑑定及び管理、内外装リフォーム、損害保険代理店業務などになっていて、不動産取引に必要なことは1社で賄えるようになっています。もちろん投資物件の相談もできます。

取り扱い物件の価格帯は意外に幅広く、1千万円台のリーズナブルな物件から1億を超える高額な物件まで幅広く揃っているので、物件売却を考えている人にとっても購入を考えている人にとっても、相談しやすい条件になっています。

港区というオシャレなエリアですが、このような幅広い価格帯で物件情報を提供しているところは、やはり若い感性のなせる業でしょう。

会社概要

会社名 青山リアルホーム株式会社
所在地 東京都港区南青山2-27-21 ジーク青山ビル7F
電話番号 03-5785-3637
対応エリア 港区、渋谷区、新宿区、中央区、千代田区が得意
WEBサイト http://www.fdsan.jp/?a=t

特徴

青山リアルホームは大手というわけではありませんが、買取保証制度とつなぎ融資制度を実施しているという特徴があります。

買取保証制度とは、不動産業者と物件売却希望のクライアント間で取り決めた条件で、一定期間販売活動をしても売れなかった場合、不動産業者が買い取ってくれるという制度です。

つなぎ融資制度とは物件が売れて現金化するまでの期間、物件売却相当額の融資を受けることができる制度です。

どちらも住み替えを目的にして売却を依頼した場合、売れて資金ができるまで新居の手配ができないということがなくなります。売却活動をしている間に資金の心配をしないで新居になる物件の購入交渉ができるので、売却と購入の両方が一度にできます。

その他にも不動産コンサルティングマスターがコンサルをしてくれたり、不動産証券化に対応してくれたり、賃貸に必要な保証人が要らないなど様々な特徴があります。

大手にはない小回りの利いた対応をしてもらえるので、気軽に相談できます。

麻布グリップ株式会社

麻布グリップ株式会社(以下、麻布グリップという)は、東京都港区にある不動産業者です。規模は大きくありませんが、地元の不動産業者としてしっかり根を下ろして企業活動をしています。

基幹事業は不動産売買や賃貸の仲介、不動産管理・活用、テナントリーシング、任意売却になっています。また物件リノベーションや原状回復のコンサルタントも手掛けていますから、麻布グリップ1社でかなりのことができてしまいます。

麻布で40年以上の実績を持っている会社なので、麻布の不動産に関することは安心して相談できます。

会社概要

会社名 麻布グリップ株式会社
所在地 東京都港麻布十番4-6-5
電話番号 03-3455-4350
対応エリア 麻布十番、港区、中央区、千代田区
WEBサイト http://www.azabu-grip.co.jp/

特徴

麻布グリップは女性が社長を務めている会社で、営業スタッフにも女性がいますから、きめ細かい対応をしてもらえます。

また女性ならではの感性で、予約の取れないレストランから代々伝わる老舗高級店の不動産サポートを手がけていることも特徴です。

創業以来港区、特に麻布十番にこだわって事業を展開してきているため、地元の不動産情報をしっかり確保しているので、物件の売却や購入に関しても強みがあります。もちろん賃貸物件の情報もしっかり確保しているので、任せて安心な不動産業者です。

さらに不動産のコンサルティングも受け付けているので、いま所有している物件をこのまま持ち続けていても良いのかどうか悩んでいるような場合、しっかり相談に乗ってくれることも特徴です。

まとめ

港区のマンション売却の価格相場と人気の不動産業者を紹介してきました。地域によって売却価格に差がありますが、できるだけ高くマンションを売りたい人がほとんどだと思います。

マンションを少しでも高く売るコツですが、できるだけ複数の不動産業者の査定額を比較することです。しかし一社ずつ見積もりを依頼をするのは手間がかかるので、スマホやパソコンに簡単な入力をするだけで複数の不動産業者に査定を依頼できる不動産一括査定サービスを利用すると便利です。

無料で使えるサービスなので、港区でマンションの売却を考えている人は、少しでも高く売れるように一括査定サービスで査定額の高い不動産業者と港区で人気がある不動産業者の査定額を比較して、業者を選んでください。

満足のいくマンション売却になると思います。

マンション売却の一括査定サイト

マンションを高値で売るためには、
良い不動産業者を見つけることが一番重要です。
一社だけではなく、複数の業者を比較してから決めることをおすすめします。

無料で使える一括査定サイトもあるので、
このようなサービスを利用して候補となる業者を選びましょう。

一括査定サイト経由なら、詐欺まがいの悪質な業者に当たることもないので、
安心して査定を依頼することができます。

おうちダイレクト
おうちダイレクト

「おうちダイレクト」は首都圏や関西圏で、
家を売却する人におすすめです。

他の一括査定サイトとは異なり、
独自の販売活動で売主をサポートしてくれます。

Yahooとソニーグループが共同で運営しているので信頼感があり、
たくさんの不動産会社を探すことができます。

提携業者の中には日本で唯一、
売主に有利な片手仲介を行うSRE不動産が含まれます。

対象エリアでマンション売却を検討している人は、
ぜひチェックしておきたいサービスです。

公式サイトはこちら


HOME4U
HOME4U

HOME4Uは、NTTデータの運営するサイトで、
マンション売却一括査定の最大手です。

三井住友トラスト不動産や、東急リバブル。
野村の仲介+、三菱UFJ不動産販売など、
国内大手の不動産業者はほとんどカバー。

地域密着型の中小業者を含め、
約900社の不動産会社が登録されています。

どの一括査定サイトを使うか迷っている方や、
信頼度で選びたいという方には、HOME4Uの一括査定がおすすめです。

公式サイトはこちら


マンション.navi
マンションナビ

その名の通り、分譲マンションの売買に特化した、
特殊な一括査定サイトがマンション.naviです。

業界ではかなりの老舗で成約件数も多く、
信頼度の面ではHOME4Uに並ぶといってもいいでしょう。

一度に査定できる業者数も9社と多く、
できるだけ多くの業者を比較したいときにも便利。

またマンション.naviの場合、売却ではなく「業者の買取」を希望することもできるので、
多少安くてもいいから、とにかく急いで売りたいという人におすすめです。

公式サイトはこちら