東京(目黒区)のマンション価格相場と不動産売買を扱う業者一覧

目黒区のマンション価格相場と不動産売買を扱う業者の特徴をまとめています。目黒区でマンション売却を検討している人はぜひチェックしてください。

マンションの売却価格相場が高い地域は青葉台・下目黒・中目黒や三田で、平均的な地域は祐天寺や大岡山あたりです。売却価格が比較的安い地域は、洗足や原町あたりになります。

不動産業者は大手の不動産業者3社と地元の不動産業者2社をピックアップしています。どの業者も人気なので、目黒区でマンション売却を検討している人はぜひチェックしてください。

目黒区のマンション価格相場と不動産業者一覧
  1. マンションの売却価格相場
  2. 目黒区でおすすめの不動産業者
    1. ソニー不動産
    2. オメガエステート
    3. エルズホーム
    4. アイリス
    5. 日東不動産
  3. まとめ

マンションの売却価格相場

目黒区の中古マンションの売却価格を知るうえで、1つの目安になるのは現在の坪当たりの流通価格です。2017年の目黒区の中古マンション坪当たりの平均価格は、453万円(1㎡あたり137万円)です。平均築年数は約21年で、平均専有面積は約13坪となっています。

この価格相場は1年前にくらべると約130万円増と大幅に上昇しています。この要因は取引物件の築年数が約10年以内の新しい物件が増えて、駅から徒歩約3分以内の物件が大きく増加していることが挙げられます。

エリアでの価格の違い

続いてエリアでの価格の違いを見ていきます。まず、比較的物件の価格が安いエリアは下記の通りです。分かりやすいように坪単価で見ていくことにします。

  • 洗足(162万円)
  • 原町(202万円)
  • 平町(203万円)

次に中間的な価格帯のエリアです。こちらも同じように坪単価で見ていきます。

  • 大橋(231万円)
  • 大岡山(234万円)
  • 祐天寺(235万円)

最後に物件価格が比較的高価なエリアです。

  • 自由が丘(309万円)
  • 三田(326万円)
  • 青葉台・下目黒・中目黒(331万円)

目黒区という限定された地域内でも、エリアによってこのように中古マンションの流通価格には開きがあります。そのため、当然ですが売却価格にも差が出てきます。

ちょっと意外なことに、高級住宅地で知られている自由が丘は坪単価が309万円で、鷹番は250万円でした。これは世田谷区とおなじで戸建ての評価とマンションの評価の違いだと思われます。

しかしマンションを売却するときにはできるだけ高く売りたいと誰でも考えますから、物件価格が比較的安いエリアの人もそうではないエリアの人も、少しでも高く売れる方法を考えることが得策になります。高く売るためには、複数の業者の査定額を比較することが重要です。

※参考サイト:https://utinokati.com/

次に、目黒区での不動産取引に強い不動産業者の情報を集めてみました。各業者の特徴を参考に、査定依頼する業者を選んでみてください

目黒区でおすすめの不動産業者

目黒区という地域の中で不動産の売買に強い業者としては、どのような不動産業者を挙げることができるのでしょうか。

そこでここでは目黒区に存在するマンションの売却に強い不動産業者を、大手不動産業者3社と地元の不動産業者2社、合わせて5社を挙げてみました。

各社それぞれ、不動産取引上の強みや特徴にはどのようなことがあるのかなど、マンション売却を検討している人にとって興味深い情報を集めてみました。

まず大手不動産業者3社ですが、以下の通りです。

  • ソニー不動産株式会社
  • 株式会社オメガエステート
  • 株式会社エルズホーム

続いて地元の不動産業者2社は以下の通りです。

  • 株式会社アイリス
  • 日東不動産株式会社

以上の5社について、企業情報や不動産取引の特徴などについて説明をしていきます。

ソニー不動産株式会社

 

ソニー不動産株式会社(以下ソニー不動産という)は、ソニー株式会社(以下ソニーという)の子会社です。ソニーの新規事業創出の取り組み第一弾として2014年4月に創立された若い会社です。東京都中央区に本社があり、創業以来活発な企業活動を展開しています。

創業後4ヶ月の2014年8月には一般消費者の売買仲介と賃貸管理のサービスを開始以来、2015年11月からはYAHOO JAPAN(以下YAHOOという)と共同で、マンションの売却希望者と購買検討者を効率よく出あわせる情報サービス「おうちダイレクト」を展開するなど、独創的な企業活動を展開しています。

おうちダイレクトというサービスは売却希望者が情報を登録するとYAHOOのサイトに載るので、購入希望者は誰でも閲覧することが可能です。

通常通常不動産業者は物件売却の依頼を受けて仲介を受諾すると、売り主と媒介契約を締結します。不動産業者は媒介契約の内容によりますが、契約締結後一定期間内にレインズ(不動産流通情報システム)に売り物件の情報を上げなくてはいけません。

しかしレインズは基本的には宅建業資格を持った不動産業者しか閲覧できないので、一般の物件購入希望者はみることができないのが普通です。

しかしおうちダイレクトにはこのような制限はありませんから、まさに民間のレインズという役割を果たしています。そのため、おうちダイレクトは売却希望者と購入希望者効率よく出あわせてくれる、新しい形の不動産情報提供サービスだといえます。

ソニー不動産はこのような新機軸を生み出し、これを使って効率よくスピーディーに売却を完了してくれますから、マンション売却を希望している人は一度相談してみると良いでしょう。

会社概要

会社名 ソニー不動産株式会社
所在地 東京都中央区銀座7-2-22 銀座DOWAビル4F
電話番号 0120-231-919
対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉の1都3県に強い
WEBサイト https://sony-fudosan.com/

特徴

ソニー不動産がマンションの売却をするときの特徴としては、エージェント制度を導入していることです。エージェントとは代理人のことですから、売却依頼を受諾した場合に売り主の代理人として売却に関わる仕事しかしません。逆に購入希望の依頼を受諾した場合には、買主の代理人としての仕事しかしません。

つまりソニー不動産の内部には、売却チームと買いチームが存在していてい、それぞれの立場の仕事しかしないわけです。この場合、仲介手数料は売却チームは売却仲介料のみで、買いチームは買い仲介料のみになります。このような仲介の仕方を「片手仲介」といいます。

ところがよくあるケースで不動産業界の悪習といわれている仲介のやり方に、「両手仲介」という方法があります。

両手仲介とは1社の不動産業者が売り仲介と買い仲介の両方をやってしまうことです。別に違法ではないのですが、自社で受けている買い仲介の依頼条件に売りの条件と見合う案件がなければ、条件にあう買主が現れるまで待つしかありません。

でもレインズに登録するのだから他社から照会があるのでは、ということもありますが、両手仲介のレベルがひどくなってくると照会があっても、「商談中」などといって物件を他社から隔離してしまいます。これを「囲い込み」といいます。

これをやられると売却成立までに相当な時間がかかるケースが出てきて、そんなときには物件の鮮度が落ちてしまいますから値下げをする羽目になってしまいます。そうすると売り主はお金と時間の両方を損じてしまう結果になります。

しかしソニー不動産のエージェント制度なら、両手仲介の入り込む余地がないので、囲い込みをやられることはありません。そのため売却成立までの時間が短く、しかも高値での成約を実現しています。

これがソニー不動産の特徴になっています。

株式会社オメガエステート

株式会社オメガエステート(以下、オメガエステートという)は2006年12月創業の若い企業で、東京都中央区に本社がある中堅の不動産会社です。

まだ創業以来11年という比較的業歴の浅い会社なので、同業の大手のような知名度はありません。しかしマンションのオーナーや不動産投資家からは注目を集めている不動産業者です。

その理由は主幹業務が投資用マンションや売りアパート、売りビル、物件管理などと投資物件中心になっているからです。中でもワンルームマンションの売却に強いことが強みになっていることが挙げられます。

取り扱い物件は全国にあり、中でも投資目的で物件を探しているユーザーにとっては優れた情報源になっていて、価格別、タイプ別、利回りの高い順、新着順などの条件で物件を探すことができます。

また初めて不動産投資用のマンションを購入する人にとっての嬉しいサービスとして、物件購入後も物件の管理などについては引き続き相談できることが挙げられます。

このような事業展開の結果、オメガエステートに買いの仲介を依頼する人が増えてくるので、売却希望者にとっても好結果を生んでいます。

その理由は常に売り物件がないと、買い仲介に対応できないからです。つまり、常に売り物件をオメガエステートが求めているのでスピーディーに売却が成立、しかも安売りをしないで済みます。

会社概要

会社名 株式会社オメガエステート
本社所在地 東京都中央区日本橋大伝馬町10-6 フォーリッチビル4F
電話番号 03-6667-8118
対応エリア 首都圏中心に全国対応
WEBサイト http://www.omega-e.co.jp/contents/

特徴

前述のようにオメガエステートには、マンション売却に関していくつかの強みがあります。強みを大別すると5つに分けられます。

それぞれの強みについて説明をしていきます。

査定よりも高く売れる

現状のマンションの需給バランスを見ると、需要が供給を上回っています。そのため売り物件は、一般的な査定額よりも高い価格設定をしても売れるケースが多くなっています。

とはいってもどの程度高く売れるのかは、プロの不動産業者でも判定は難しいので、上手な売り出し価格の設定は困難だといいます。

理由として売り出し価格よりも高く売れることはあり得ないし、最終的な価格交渉で売り出し価格よりも安くなってしまうため、スタートの金額設定は困難だからです。

しかしすべての物件ではありあませんが、オメガエステートはオークション形式で売りに出すので、この場合には購入希望者が多ければ自然に価格が吊り上がっていくので、売却価格は必然的に高くなるという強みがあります。

査定は無料

オメガエステートの簡易査定は無料です。しかも査定額の提示は即日してもらえますから、自分の所有している物件の大体の価格をすぐに知ることができる、大変便利なサービでます。

また査定額が思っていたよりも低い時でも、なるべく希望売却価格に沿った売却プランを出してもらえるので、売却希望価格よりも思い切り低い数字で売らなくてはならないということには、なかなかなりません。

査定額がほぼ正確

査定額が不正確だと、相場よりも高い売り出し価格を設定してしまうことがあるため、長期間売れ残ってしまい物件の鮮度が落ちてしまうため、値下げをせざるを得ないことがあります。

しかしオメガエステートの査定方法はかなり綿密なので、算出された査定額はほぼ正確です。このため、前述のように値下げによる損失が出ることがないので、売り主にとっては嬉しいことです。

売却成約までの期間が短い<

決して大手不動産業者の対応が遅いというわけではありませんが、オメガエステートの場合は中堅規模ならでは対応の早さがあります。その結果として、売却成約までの期間が短くて済むケースが多くあります。

もう1つの成約までのスピードが速い理由に、オメガエステートは不動産投資家の間では知られている存在なので、ネット広告を出すとレスポンスが早いことが挙げられます。

営業時間が21:00まで

オメガエステートの各店舗は、21:00まで営業をしています。そのため仕事帰りのサラリーマン不動産投資家が立ち寄ることができるので、それだけ購買希望者の数を多く集められます。

購入希望者が多いということはそれだけ売却物件数を求められるので、売却希望者にてとっても好結果を生みだしてくれます。

オメガエステートにはこのような特徴があります。

株式会社エルズホーム

株式会社エルズホーム(以下エルズホームという)は、2010年に創業したというまだ比較的若い会社ですが、すでに営業エリアは北海道から沖縄にまたがっているので活発な企業活動をしているといえます。本社は東京都目黒区にあって、大手というよりも中堅という規模の不動産業者です。

「依・食・住」が人間の生活の3要素だといわれていますが、この住に関わるケースは案外多くあります。しかし多くの場合、依頼者側には不動産取引の知識がありませんから、賃貸や売買に関わらず不動産取引には多額のお金が動くので、依頼者は不安に思っていることが多いといいます。

エルズホームはこのような依頼者側のスタンスで営業を行う姿勢をとって、依頼者の不安や心配を取り除くために、常に客観的な情報の提供を心掛けているといいます。

マンション売却を考えている人は、一度相談をしてみても良いと思います。

会社概要

会社名 株式会社エルズホーム
本社所在地 東京都目黒区東山1-2-7 第44興和ビル2F
代表電話番号 03-5794-5151
対応エリア 全国
WEBサイト https://ls-home.co.jp/

特徴

エルズホームには8つの経営理念があって、Lead、Life、Logical、Leaning、Limited、Liberal、Loyalty、Linkの8つを掲げています。

そのため、ただ物件売却の依頼を受けるというだけではなく、依頼者の一人ひとりに合った資産運用を提案するために、経験豊富な社員の知識やネットワークを生かしてユーザーである売却依頼者を全力でサポートをする、という営業方針が大きな特徴です。

現代では不動産取引に関する情報も約80%はインターネットで知ることができるといわれていますが、エルズホームでは経営理念通りに残りの20%の部分に対して、徹底的にプロのコンサルティングとしての姿勢を取るといいます。

そうして、結果的に「運用状況を正確に把握して、決済までスムーズに」運び、「相場価格以上の取引を実現」してユーザーに「良かった」と思ってもらうことを目指しているという特徴があります。

株式会社アイリス

株式会社アイリス(以下、アイリスという)は、東京都目黒区に存在する地元の不動産業者です。業績は30年あって、不動産売買を専門にしています。

また売買の仲介だけではなく宅地分譲の企画も数多く手掛けているので、地元の強みで他社にはない物件を数多く紹介してもらえます。

h4>会社概要

会社名 株式会社アイリス
所在地 東京都目黒区緑が丘2-24-17 自由が丘小松ビル201
電話番号 03-5731-8622
対応エリア 目黒区・品川区・大田区・目黒区
WEBサイト http://www.e-iris.co.jp

特徴

アイリスは社長を初めてとして、営業マンのほぼ全員が城南エリアに住んでいますから、目黒区エリア内の情報には精通しています。

ネットの情報には出てこない物件周辺の住環境などは、住む人にとっては大変重要な部分です。夜間駅から物件までの道筋の安全性や、物件の近くの騒音や住民の気質など、実際に住んでみないと分からないようなことも、しっかり把握していてくれます。

これは逆に考えると売り主にとっても好結果を出してくれます。理由は売り物件の状態だけではなく、住環境の良いところを買主に積極的にアピールをしてくれるからです。

物件の状態は内見をすると分かりますが、住環境については下見をしただけでは分からない部分が多いため、良いところを積極的にアピールしてもらえるし、逆にあまりよくない部分も正直に伝えてもらえるので、売った後のことをあまり心配しないで済みます。

また店内は不動産業者的なインテリアではなく、なんとなくカフェ的なイメージを持っていますから、相談にいっても肩が凝るようなイメージがないため、リラックスして話ができます。

アイリスにはこのような特徴があります。

日東不動産株式会社

日東不動産株式会社(以下、日東不動産という)は、東京都目黒区にある地元の不動産業者です。創業は1956年ですからすでに61年の業歴を持っています。

業務の主幹は新築及び中古不動産物件の賃貸と売買の仲介、事務所、駐車場、工場、倉庫の売買と賃貸の仲介などになっています。この他にも不動産の証券化業務、賃貸管理業務、リフォーム対応、公認不動産コンサルティングマスターなどの特徴やサービスがあります。

地元で61年の業歴は、信頼度の高いビジネスを展開しているからできたことで、初めて相談をする場合には1つの目安になります。

もし目黒でマンションの売却を考えているのでしたら、地元に精通した日東不動産に相談をしてみることを視野に入れて考えてみることも良いと思います。

会社概要

会社名 日東不動産株式会社
所在地 東京都目黒区下目黒1-3-27
電話番号 03-3490-0210
対応エリア 目黒区を中心に山の手地区
WEBサイト http://www.nitto-fudousan.co.jp/

特徴

日東不動産の特徴は、何といっても目黒で61年の業歴を持っていることです。それと大手にはない、地元ならではサービスもあります。

大別して3つの特徴が挙げられますので、それぞれについて説明をしていきます。

目黒で61年の実績

業歴がすでに61年あり、その間目黒区、渋谷区、品川区、港区、太田区の城南エリアを中心に営業活動をしています。そのため多数のオーナーと長い付き合いがあることが、日東不動産の大きな財産になっています。

オーナーと付き合いが深く長ければ、投資物件の新規需要の情報も数多く持っているので、それだけ売り物件にも強いといえます。

もちろんオーナーの信頼を裏切らないように、正確な賃貸情報を伝えて賃料のアドバイスをしっかりやるなど、徹底的な日ごろの営業体制を敷いています。

大手にはないきめ細かさ

これも地元一筋61年という実績の上に成り立っているのでしょうが、大手のように賃貸業務を分業化させないで窓口を1本にしています。このためオーナーは安心感を持てるのと、手間がかからないので日東不動産を信頼してくれます。

こうした信頼が投資物件の新規需要情報につながっていきます。

資産有効活用のコンサルティング

相続税増税のための節税対策をはじめ、持っている不動産という資産をどうやったら有効に使うことができるのか、というコンサルティングをやってくれます。

もちろん今持っている物件をこのまま持ち続けることがいいのか、それとも売ったほうが有効に活用できるのかなどの相談もできます。

売却をするときもどのようにしたらより良い条件で売れるのか、などのアドバイスもしてもらえることが特徴になっています。

まとめ

目黒区のマンション売却の価格相場と人気の不動産業者を紹介してきました。売却価格はエリアによって高い、安いがありますが、高くマンションを売りたい人が多いのではないでしょうか。

マンションを少しでも高く売るコツの1つとして、複数の不動産業者の査定額を比較することが挙げられます。しかし不動産業者1社ごとに査定を依頼することは手間がかかります。

そこでおすすめなのが、スマホやパソコンから簡単な入力操作をするだけで複数の業者から査定額を出してもらえる、不動産一括査定サービスを利用することです。

無料で使えますから目黒区でマンションの売却を考えている人は、少しでも高く売れるように一括査定サービスの不動産業者と、目黒区で人気のある不動産業者の査定額を比較してみると良いと思います。

一括査定サイトを利用する際の注意点を理解して利用すれば、マンション売却で失敗することはないでしょう。

マンション売却の一括査定サイト

マンションを高値で売るためには、
良い不動産業者を見つけることが一番重要です。
一社だけではなく、複数の業者を比較してから決めることをおすすめします。

無料で使える一括査定サイトもあるので、
このようなサービスを利用して候補となる業者を選びましょう。

一括査定サイト経由なら、詐欺まがいの悪質な業者に当たることもないので、
安心して査定を依頼することができます。

おうちダイレクト
おうちダイレクト

「おうちダイレクト」は首都圏や関西圏で、
家を売却する人におすすめです。

他の一括査定サイトとは異なり、
独自の販売活動で売主をサポートしてくれます。

Yahooとソニーグループが共同で運営しているので信頼感があり、
たくさんの不動産会社を探すことができます。

提携業者の中には日本で唯一、
売主に有利な片手仲介を行うSRE不動産が含まれます。

対象エリアでマンション売却を検討している人は、
ぜひチェックしておきたいサービスです。

公式サイトはこちら


HOME4U
HOME4U

HOME4Uは、NTTデータの運営するサイトで、
マンション売却一括査定の最大手です。

三井住友トラスト不動産や、東急リバブル。
野村の仲介+、三菱UFJ不動産販売など、
国内大手の不動産業者はほとんどカバー。

地域密着型の中小業者を含め、
約900社の不動産会社が登録されています。

どの一括査定サイトを使うか迷っている方や、
信頼度で選びたいという方には、HOME4Uの一括査定がおすすめです。

公式サイトはこちら


マンション.navi
マンションナビ

その名の通り、分譲マンションの売買に特化した、
特殊な一括査定サイトがマンション.naviです。

業界ではかなりの老舗で成約件数も多く、
信頼度の面ではHOME4Uに並ぶといってもいいでしょう。

一度に査定できる業者数も9社と多く、
できるだけ多くの業者を比較したいときにも便利。

またマンション.naviの場合、売却ではなく「業者の買取」を希望することもできるので、
多少安くてもいいから、とにかく急いで売りたいという人におすすめです。

公式サイトはこちら